トライバルがケミストリーの二人を魅了!
当HPでもお馴染みのフリーペーパー「FLYING POSTMAN PRESS」2/20発行号タイアップ企画にて、2年ぶりとなる
アルバム「Face to Face」をリリースしたケミストリーのお二人にトライバルやZIPPOについてのエピソードを
語っていただきました。 今回はそのインタビューの風景をレポート。プレゼントもあるのでページを最後まで要チェック!

ZIPPOは永遠の憧れであり、アクセサリー感覚で自分を表現できるアイテム。
お二人も以前よりZIPPO好きということで、和やかな雰囲気で
撮影&インタビューが行われました。


「ZIPPOは大人なイメージ」と語る川畑さんは
過去にも色々ZIPPOを買われたそうで、選ぶときのポイントは、
まず人気のある物をたくさん見た上で、さらに時間をかけて他の人が
あまり使っていないデザインを探されるそうです。
今回の撮影で持っていただいたトライバルシリーズの
バイオレットモデルについては「サーファーが好んで入れてるタトゥー
みたいで、すごくカッコいい。バイオレットの色合いも他に無い感じで
気に入りました。これならインパクトが強いので無くすこともないしね。」
と好印象の様子。

普段はシンプルなデザインを選ぶという堂珍さんも
撮影開始時にZIPPOをお渡しした直後、
「やっぱZIPPOはいい、100円ライターじゃキマらないですからねー。」
と一言。 さらにインタビュー時に「このトライバルデザインは確かに
カッコいい。同じデザインで赤ベースのものも気になりますね。」
とマルカイのカタログを見て楽しそうに答えていました。
「ジーンズみたいに使っていくうちに味がでるのもZIPPOの魅力ですね。」と川畑さん。
「ZIPPOは音とか雰囲気が魅力。靴音が響きそうな倉庫でカキーン、ジュボと火を着けるシーンを連想します。」
と堂珍さん。
インタビュー中、何度も開閉して楽しんでいた様子でした。


  今回撮影で使用したモデルは
この2点!


CHEMISTRY
(ケミストリー)

川畑要、堂珍嘉邦によるボーカル・ユニット。`01年3月にシングル「PIECES OF A DREAM」でデビュー。5枚目のアルバムとなる「Face to Face」には、槙原敬之とコラボした「約束の場所」、最新曲「輝く夜」などのシングル曲に加え、ふたりが作詞した楽曲も収録されている。3/30の大阪公演を皮切りに全国ツアーもスタート。
PRESENT!
サイン入りZIPPO&ポラをプレゼント!
CHEMISTRYのおふたりが実際に撮影で使用したZIPPOとサイン入りポラをセットで
2名様にプレゼント!

[応募方法]
官製ハガキに住所、氏名、年令、性別、電話番号と
今回のZIPPO meets CHEMISTRYの感想を
必ず明記してご応募ください。


[宛先]
〒550-0003 大阪市西区京町堀1-18-5
マルカイコーポレーション(株)ZIPPO課
「ZIPPO meets CHEMISTRYプレゼント」係

[締め切り]
2008年3月末日

※発表は発送をもってかえさせていただきます。
※オークション出品目的や転売目的の方はお断りさせていただきます。ご同意いただける方のみのご応募をお待ちしております。


応募期間終了。たくさんのご応募ありがとうございました。





マルカイコーポレーション